Accessを共有する~データベースの分割②

Pocket

データベースを分割することで、データベースが、
①テーブルと②クエリ・フォーム・レポートに分割されます。

このメリットは何かというと、

一.テーブルを分割する前は例えば誰かがフォームを直している
(デザインビューで開いている)ときは、マルチアクセスが
  できませんが、分割すれば、②のファイルを自由に編集できます。
  編集後はその編集した②のファイルをみんなで使えば編集した
  内容を共有することができます。
  ただし①のファイルを編集するときは、誰もAccessファイルを使って
  いないときでないとできません。

二.元々Accessはそう高価なソフトではないので、あまりファイルに負荷
  をかけない方がいいと思います。ですので、①と②で分けることで
  Accessファイルへの負荷を軽くすることができます。何か明確な理由
  がある訳ではありませんが、使っていてそう感じます。

三.社内でLANを構築している場合やサーバーを設置しているのであれば、
例えばサーバーに①のファイルを置き、クラインアント側で②の
ファイルを置き、①のファイルにアクセスできます。
ですので分割しない場合よりもデータの置き場所に苦労しません。
(ドロップボックス等のネットワークストレージでは不可)

四.処理速度が早い。共有していて処理速度が遅いと感じたときは
  分割した方がいいと思います。

一番のメリットははやはりAccessファイルを誰かが使っていても
ファイルの編集が自由にできるということでしょうか。

「今から直すのでみなさんAccessファイルを閉じて下さい」
とお願いするのも面倒ですからね。
分割後は「Accessファイルに修正を加えたので、各自最新版
に差替えてください」と言伝で足ります。
この差はかなり大きです。特に運用しながら開発する場合は。

マルチアクセスするなら分割する、これが正解だと思います。

======================================================
先週の金曜日から日曜日まで広報部の仲間と札幌に行って
きました。北海道も暑いなあと思いましたが、名古屋での
乗り換えで外に出たら、あまりの蒸し暑さに何も言えません
でした。恐らく人生最初で最後の北海道ゴルフ。
。ボール何個なくしたのか忘れる位すごい勢い
でなくなりました・・が、最高に楽しい時間を過ごせました。
また行きたいな~

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。