納品書の10%への対応①

消費税10%に備え、私も自分で作ったデータベースを修正しています。

実際のところ、販売管理については、月末締めでない得意先についても、9月30日で
全て一旦締切る必要があります。

20日締めであれば、
9月21日から9月30日で請求書を発行
10月1日から10月20日で請求書を発行という流れで。

一枚の請求書に混ぜるより、請求書を分けてしっかり消費税の増税に対応している
ことをアピールしたほうがいいと思います。

方法は得意先テーブルの締日を全て更新クエリで31日変更します。
更新する前に一度締日のダミーのフィールドを作りコピーします。

その次に更新クエリで締日を全て31日変更します。

9月30日で請求を締めたら、またもとに戻します。

戻す方法は、ダミーの列全体をコピーして、締日の列を選択して貼り付けです。
こんな形で締日を変更します。

とりあえず納品書についてはいろいろな対応があると思うので、その一つを紹介します。
簡単な方法としては、納品書に8%か10%区別できるフィールドを設けます。

注意するところは既定値をYesにすること。そして10月1日以降は既定値をNoにすることです。
これは忘れずに実行してください。

これで納品書では自動で区別がつくことになります。

納品書に先ほどテーブルで作ったフィールドを追加します。

例えばイレギュラーで税率を変更する場合はここのチェックで調整します。

そして消費税の計算するテキストボックスの算式を変更します。

=[納品金額]*IIf([八%]=-1,0.08,0.1)

実行結果です。

これで納品書ベースでは消費税の変更に対応できます。

同様の処理をレポートでも行います。

簡単な方法ですが、このようなやり方でも十分対応できます。

=======================================
暑い日が続きます。来週のフルマラソンに備え、トレーニングを急ピッチに積んでいますが
暑くてなかなか距離が稼げません。
それにしてもMGCの最後は迫力があったなあ。元気をもらいました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

4冊目を出版します!

私が最初に執筆した、「経理業務のためのAccess実践講座」がポツポツ売れ続け、
在庫がなくなったので、改訂版を出すこととなりました。

前作はAmazonで「難しい、初心者向けではない」というコメントを多々頂きました。
その理由にサンプルファイルがないのと、VBAを多用したためだと思います。

今回はサンプルファイル付きで、しかもVBAは一切使わず全てマクロでデータベース
を作りました。

全くの初心者には無理かもしれませんが、一通りAccessを勉強したことがある方なら
十分理解できる内容になっていると思います。

発売は9月21日土曜日を予定しています。

書店で手に取ってみて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

Excelの仕訳を変換する 研修内容①

先日ICSユーザー向けにExcelの仕訳取込の研修を行いました。

内容はExcelの出納帳やネットバンキングのデータをどうやって
ソフトにインポートするか?という内容でした。

時間は2時間だったので、理屈を言ってもすぐに時間になってしまい
なにも参加者のお役にたてないと思い、結局は私が使っている
ツールの操作方法を説明し、それを事務所に持って帰ってもらい
実際にやってもらう、そんな内容のセミナーを開催しました。
続きを読む

レポートを用紙に合わせる

レポートの設計をしている場合、横幅が問題になる場合があります。

このように1ページに収まらない場合、警告が出ます。

これがどういう理屈で出るのかというと、A4サイズの横幅は210mmとなっています。
では210mmまでに収めればいいのか?というとそういうわけではありません。

印刷には余白が必要です。

ページ設定タブのをクリックし、余白を選択します。そうすると余白の広さが分かります。

狭くても0.64cm×2の1.28cmが必要です。

結局レポートの横幅として使えるのは、
21cm-1.28cm=19.72cm
となります。

それくらいに横幅を抑えると警告が消えます。

ということは、中心を決めるときは、真ん中が9.86のところに合わせれば
きれいにまとまります。

こんな形でレポートの横幅を頭に入れつつ、レポートの設計をする必要があります。

A4横の場合は297mm-12.8mm=284.2mm
といった具合に、まずは用紙のサイズを求め、余白を引いた範囲でレポートの設計をします。

=======================================
5月でマラソンレースの全日程が終了したと思ったら、もう秋のレースの申し込みが
始まりました。でもまだまだ時間もあるので、しばらくのんびり走ろうかと。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

入金額から手数料を自動計算する②

今回は得意先テーブルに事前に手数料を登録しておくやり方です。
この方が一度決めてしまえば、ほぼ間違いない手数料のデータをつくることができる
と思います。

最初に得意先テーブルに3万円を超える場合と3万円以内の場合の手数料を入れる
フィールドを作ります。

続きを読む