Accessで試算表を作る4~VBAコードで集計する理由

Accessで試算表を作ろうとした場合、クエリでは作れません。

8割がたできます。でも残りの2割が詰め切れません。

その2割部分は何かというと、縦計です。

Accessは横の計算は問題なくできますが、縦の計算には滅法弱いのです。
例えば、売上が何種類かあってそれを売上合計として集計しようとします。

そうすると
売上1
売上2
のそれぞれの合計は簡単に集計できます。
でも
売上1
売上2
売上高合計→これを集計する術がクエリにはありません。

では縦の計算を集計するためには、クエリではなく集計結果をテーブルに
データとして格納するしかありません。

そのために長い長いVBAコードを記述しました。

Excelであれば簡単にできることですが、Accessではできない最たる部分
だと思います。

いずれにしろ、クエリでやろうと思っても
前月繰越、当月借方発生、当月貸方発生、次月繰越
をDSUM関数でやるとなると相当のPCへの負荷がかかります。

今回作ってみて思ったのですが、
クエリでDSUM関数を使うのと、VBAでDSUM関数を使うのでは、
処理するスピードは圧倒的にVBAでDSUM関数を使った方が早い
ことに気づきました。

その点からもVBAを使うメリットがあります。

=====================================
新年あけましておめでとうございます。
本年も本ブログをよろしくお願いします。

年末年始は台湾に行ってきました。
台湾は春のような陽気でとても過ごしやすかったです。
その分日本の寒さが身に応えます。。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Accessで試算表を作る2~テーブルの作成②

テーブルにデータを入れていきます。
設定すべきテーブルは、T科目名とT試算表の二つです。

最初にT科目名。
ここに試算表に使う科目とその属性を登録します。新規に科目を作る場合もこのテーブルに
つくります。

多めに科目CDを用意しておいて、科目名と属性を入れるようにしておけばいいと思います。
続きを読む

Accessで試算表を作る1~テーブルの作成

Accessに仕訳データを入れて試算表を作成します。
基本的にVBAを使って集計し、ADOを使ってテーブルを操作するので、クエリはあまり使いません。
ですので、VBAとADOを理解していないとおそらく読んでも理解できないと
思われますので、ご容赦ください。

最初にテーブルの設定をします。
用意するテーブルは3つです。
科目の情報をまとめた科目テーブル。

続きを読む

VBAのコードをまとめて変更する

VBAでプログラムを組んでいるときに、変数を間違えていたり、テーブル名を間違えたり等々、
プログラムを一括して変更したい場合が多々あります。

そんなときは、まとめて変更したいプログラムをコピーしてWordに貼り付けます。
貼り付けたら、ホームタブの「置換」をクリックします。

続きを読む

納品書の消費税を明細にレコードとして保存する③

もし、納品明細の変更や追加があった場合、消費税の金額が変わります。
そのときの対応の仕方です。

最初にメインフォームの方に、その納品書の消費税の明細が登録されている納品明細の
ID(主キー)の数字を入力します。それが①
これで納品書の消費税の明細がどこの納品明細テーブルのレコードかわかるようになります。
続きを読む

納品書の消費税を明細にレコードとして保存する②

コードの解説です。

If DCount(“*”, “納品明細”, “納品書NO=” & Me!納品書NO & “” & ” and ” & “商品CD=’9999′”) = 0 Then
→消費税の明細は必ず納品書一枚につき、一レコードになるので、もし現在開いているフォームの納品書NOの
商品CD(9999=消費税)のレコードが数が0の場合のみ、消費税のレコードを作ります。
もう存在している場合は、スルーします。
続きを読む


1 / 7812345...102030...最後 »