入金伝票を作成する①

Accessに受け入れた預金データを元に入金伝票を作成します。

入金伝票はサブフォームを使って作るイメージです。

こんな感じです。

最初に入金伝票のメインとなるテーブルを作ります。

次にサブフォームになる入金明細テーブルを作ります。

次に入金伝票を作ったデータとそうでないデータを区別するために、預金データテーブルに
二つのフィールドを追加します。フィールドの種類はYes/No型で作ります。

メインとなる伝票を作った場合と、サブのデータを作った場合の二通りのフィールドを
作ります。

これらのテーブルとフィールドにデータを追加・更新するクエリを作っていきます。

========================================
確定申告の時期になりました。
一般的に言えることですが、個人事業主さんは納税意識が低いですね。

給与からは毎月源泉徴収するので、ある意味あきらめの境地です。
源泉徴収制度は、もちろん一長一短ありますが、この時期は特に
いい制度だなと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

預金データと得意先CDを関連付ける

預金データをAccessに取り込んでできることというと、真っ先に上がるのは預金データから
入金伝票を作ることでしょうか。

その第一段階として、預金データの摘要から得意先コードを関連付ける必要があるので
今回はその方法を解説します。
続きを読む

Accessに預金データをインポートする

預金のデータ(CSVファイル)でダウンロードしたデータをAccessにインポートします。

最初にダウンロードした預金のデータを整えます。
5行目までは削除して、残高の列もデータを削除します。

残高をAccessに入れてもデータが膨らむだけなので、残高はインポートしません。
続きを読む

Excelを使ってまとめて仕訳を作る

確定申告が近づいてくると、納税者が領収書をごっそり持ってきます。

私は関与先には、月毎にまとめなくていいから、種類ごとにまとめてください
とお願いしています。

例えば、
高速代
ガソリン代
電車代
駐車場代
交際費の飲食
消耗品
等々
続きを読む

賞与を逆算する

たまに賞与を手取り額で指定される場合があります。
例えば30万円支給しておいたから、、

その場合、社会保険料と源泉所得税を逆算しないといけません。
その逆算の方法です。

考え方は、もらう賞与を1とすると、
健康保険料 0.0567(40歳以上)
厚生年金  0.0915
雇用保険  0.003
合計すると 0.1512となります。
続きを読む

Access正規版とRuntime版

お客さんから問い合わせがあり、あるPCからはAccessファイル
が動くが、違うPCからは動かないという連絡が。

実際にデータを見てみると、私のPCでは普通に動くし、VBAも
決して複雑なプログラムを書いているわけでもなく、原因不明。

とりあえず再起動してもダメだったので、Runtime版ではなく
製品版を購入していただくことに。

そんなわけで、今日は遠隔操作でAccess2016のダウンロード版
を購入し、そのままインストールの作業をしました。

動かなかったPCのAccessもすんなり動いてほっとしました。
確かに製品版とRuntime版を比べると動きも早いし、安定感
が違うような気がします。
(別に根拠があるわけではありませんが。)

頻繁にAccessを使うのであれば、正規版を購入することを
お勧めします。

==============================
昨日は私が所属している静岡県倫理法人会の辞令交付式でした。
事務方でいろいろと動いていたので、無事に終わりほっとして
います。

お役としては今年が最後の仕切り役。
いい運営ができたのではと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。