納品書NOを月毎に付番する

納品書を月ごとに、「年月」と「その月に発行した納品書の枚数」で納品書NOを付番する方法です。

サンプルなので、簡単な納品書テーブルを作ります。

納品書NOは全てクエリで設定するので、テーブルでフィールドは作りません。

クエリのフィールドは以下の通りです。年月はFormat関数で簡単に変換できますが、
月毎の納品書の件数をカウントするのが結構しんどいです。

最初に日付の月の月初との日付と月末の日付を求めます。
次にその間の件数を数えるという流れです。

日付をFormat([日付],”yymm”)をDCount関数に当てはめて件数を数える方法も思いついた
のですが、上手く出来なかったのでこの方法に辿り着きました。

クエリ「付番」の納品書テーブル以外のフィールドは次の通りです。

開始日: DateSerial(Year([日付]),Month([日付]),1)

終了日: DateSerial(Year([日付]),Month([日付])+1,0)

件数: DCount(“*”,”納品書”,”日付>=#” & [開始日] & “#” & ” and ” & “日付<=#” & [終了日] & “#” & ” and ” & “納品書ID<=” & [納品書ID] & “”)

年月: Format([日付],”yymm”)

納品書NO: [年月] & “-” & [件数]

簡単そうに思えますが、いろいろなフィールドを組み合わせて作ります。
すぐにできると思ったら案外時間がかかりました。^^;

細かいフィールドの内容については、
2016/2013/2010/2007対応 Accessクエリ ビジネス活用事典をお読みください。

よろしくお願いします!

==========================================
久しぶりの投稿。
先日津市で税理士会の市民フォーラムの実行委員として参加して来ました。
大役を頂き、大変な思いをしましたが、無事終わりほっとしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Access正規版とRuntime版

お客さんから問い合わせがあり、あるPCからはAccessファイル
が動くが、違うPCからは動かないという連絡が。

実際にデータを見てみると、私のPCでは普通に動くし、VBAも
決して複雑なプログラムを書いているわけでもなく、原因不明。

とりあえず再起動してもダメだったので、Runtime版ではなく
製品版を購入していただくことに。

そんなわけで、今日は遠隔操作でAccess2016のダウンロード版
を購入し、そのままインストールの作業をしました。

動かなかったPCのAccessもすんなり動いてほっとしました。
確かに製品版とRuntime版を比べると動きも早いし、安定感
が違うような気がします。
(別に根拠があるわけではありませんが。)

頻繁にAccessを使うのであれば、正規版を購入することを
お勧めします。

==============================
昨日は私が所属している静岡県倫理法人会の辞令交付式でした。
事務方でいろいろと動いていたので、無事に終わりほっとして
います。

お役としては今年が最後の仕切り役。
いい運営ができたのではと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Accessファイルをネットワークで共有する場合

お客さんのところで、共有していたAccessでエラーが出るという報告があり、
その修正に伺いました。

何人か同時にアクセスするとエラーが出たようでした。
Accessは基本的に共有できる状態でデータができるので
マルチアクセスすること自体は問題ではありません。
続きを読む

テーブルのデータをExcelのように管理する

AccessのテーブルのデータをExcelのように表計算として使う方法を解説します。
Accessの場合、集計をかけるときは集計クエリを使い、テーブルとは分けて考えるのが
一般的です。

集計クエリの致命的な弱点は縦の計算ができないことです。横の計算は得意ですが。。

縦計がでないとできないことが出てくるので、その点も含めて解説します。

とりあえず今回は横計の出し方です。

下の図のように簡単なテーブルを作ります。

続きを読む


1 / 8012345...102030...最後 »