データベースの基本9~データ型を決める①

データ型としてよく使うものは次の通りです。
①短いテキスト
②数値型
③日付型
④オートナンバー型
⑤Yes/No型
⑥ハイパーリンク型

よく使う型は6種類ですが、ここからさらにデータの大きさや書式を設定しいきます。
①短いテキスト型
2811021
初期値として255と指定されています。これは簡単に言うと255文字そのフィールドにデータを入れられるという意味です。得意先CDでここまで長いものはないので、通常は6文字からせいぜい10文字もあれば足りると思うので、10に変更します。

しかし摘要になると多少は文字を入れたいところなので、フィールドサイズを30として多少多めに大きさを取ります。

きっちり桁数を揃えたいときは、フィールドサイズに幅を持たせる必要はありませんが、フィールドサイズは多めに取りすぎると無駄に容量が大きくなってしまうので、ぎりぎりから少し余裕を持った程度の大きさにするように心掛けて下さい。

②数値型
数値型はその名の通り数値を扱うデータ型です。
2811022
数値型のフィールドサイズとしてよく使うものは次の三つです。
2811023
伝票番号など数がどんどん大きくなる可能性が高いフィールドについては、長整数型を選びます。
バイト型は、例えば担当者CDなどをテキスト型ではなく数値型で取った場合、中小企業であれば255人も担当者が増える可能性は極めて少ないので、そのときに使います。
その間の整数型はこの3つの中ではあまり使う頻度は少ないです。
もちろんあとからバイト型から長整数型に変更することも可能です。最初のうちは余裕は持ちつつも、できるだけサイズが小さめの種類を選ぶようにしたほうがいいです。

あと一つ使うのが、単価など小数点が出てくる場合があります。そのときは「単精度浮動小数型」を使います。

数値型については、バイト型、整数型、長整数型、単精度浮動小数型の4つを覚えておいてください。

======================================
この前の日曜日、しまだ大井川マラソン走ってきました。
タイムは3時間21分28秒とこの時期にしてはまずまずのタイム。
レース前に3時間走を2回やった効果が出ました。
これで後半はある程度粘れる自信がついたので、次は前半から
行きたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

私が名ばかり会長をしている静岡の小さな勉強会ですが、そこに毎回懇親会まで
参加して下さる、菅家伸さんが本を出版します。

表紙に書かれている「ブログは資産になる」という言葉。
私もこのブログを書き始めもう3年以上経ち、今までアップしてきた記事を見ると
本当によく書いたなと思うのと同時に、本当に大事なものだと感じます。

ネットの情報なので、所詮0と1の数字の羅列でしかないかもしれませんが、私にとっては
かけがえのない財産です。これから育てていきたいと思います。

ブログで成功する方法をゼロから解説している
ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座
明日発売です。皆様書店で一度手に取ってみてください。

先日の勉強会で献本して頂きました。著者さんから直接もらえるってとても嬉しかったです。
私もしっかり勉強したいと思います。

菅家さんの「わかったブログ」にも私の本の紹介をしていただきました。
実はエクセルより便利なソフトがある2013/3/21
「なんとなく」ではなく「本当にExcelを使いこなせる」とは? 2016/1/19

よろしくお願いします。

データベースの基本8~実際にテーブルを作ってみる①

設計図を基にAccessでテーブルを作っていきます。
2809291
「作成」タブのテーブルをクリックすると下の画面が表示されます。
2809292
ここで「表示」をクリックすると下の画面になります。
2809293
名前を付けて保存で、テーブル名を「得意先」として「OK」をクリックします。
2809294
これでとりあえず「得意先」というテーブルができたので、これからフィールドを設定していきます。
2809295
とりあえずフィールド名を埋めていきました。次にデータ型を決めていきます。

============================================
少し晴れたと思ったら、また雨の天気になってしまいました。
今年は本当に雨が多いですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Excelを使ってFintechを活用する

最近Fintech(フィンテック)という言葉をよく目にします。
そしてFintechは経理業務の効率化に大きく資するとも言われています。

freee等のクラウドの会計ソフトではネットバンキングのデータを利用して
そのまま会計ソフトにデータを取り込むということも簡単にできるそうです。
続きを読む

データベースの基本⑥~テーブルの作成

テーブルの作成手順
・どのようなフィールドが必要なのか?
・フィールドの設定(データ型やデータのサイズ)の決め方
などを具体的に解説します。

フィールドの決め方
テーブルを作るときに一番悩むのは、どのようなフィールドが必要になるのか?ということです。もちろん後からでも追加できるので、最初にきっちり決める必要はありません。
まずはじめにどういった情報を貯めたいのかを考えます。
続きを読む

データベースの基本⑤~Accessデータベースの基本的な作り方

Accessデータベースは、次の手順で作ります。
①テーブルの設定
②リレーションシップの設定
③クエリの設定
④フォームの作成
⑤レポートの設定
この4つのステップを踏んでいきます。

もう少し砕けた感じで表現すると、
①データを入れる箱を作る
②箱と箱を関連付ける
③テーブルのデータを切り貼りする
④入力・表示するフォームを作る
⑤印刷物の設定をする
このような流れになります。
続きを読む

データベースの基本④~預金通帳を分解してみる3

次に大事になるのが、「一意」という言葉。つまり「Only One」ということです。銀行口座の場合、あってはならないことそれは同じ口座番号が二つあるということです。二つ同じ口座番号があるとどちらがAさんの取引で、どちらがBさんの取引なのかわからなくなってしまいます。これでは安心して銀行と取引することもできません。

この場合絶対に「一意」にならなければいけない情報は、「口座番号」と「ID」です。通常Accessでデータベースを作成する場合、「一意」とならなければならないフィールドを「主キー」と設定します。

では一つの取引テーブルに入力された複数の口座番号の取引をどうやって分けたらいいのでしょうか?

ここで出てくるのが「クエリ」という機能です。
続きを読む

帝王学―「貞観政要」の読み方

貞観政要という言葉すら聞いたことがなかったのですが、日本には昔から
あった有名な書籍でした。

中国の古典ですが、どうやって今ある地位を守ることができるのか?という問い
特に、私が仕事で接している中小企業の社長さんに対してどう接すべきか、大変
ためになることが書かれていました。

たぶん中小企業の社長はこの本に書かれていることを望んでいるんだなと思うし、
言わないより言ったほうがいいと思ったことは、苦言でもどんどん言っていかないと
いけないと思いました。

データベースの基本②~預金通帳を分解してみる1

銀行の利用履歴を少し細かく見ています。
まず一番大事な情報は、あなたの記録です。
例えば、口座番号、支店名(店舗番号)、種別、名前、住所、印鑑
こういった情報は口座を開設するときに必要事項を記載する(名前・住所・印鑑)、銀行から一方的に与えられる(口座番号、支店番号)二種類の情報に分けられます。
これをデータとしてまとめます。
2809201
口座番号や店舗番号、種別、氏名、住所、連絡先、生年月日をデータベース用語で言うと、「フィールド」と呼びます。
そしてテーブルで構成されているデータの塊のことを「テーブル」といいます。
続きを読む


1 / 7212345...102030...最後 »