作成者別アーカイブ: miura

テーブルのデータをExcelのように管理する

AccessのテーブルのデータをExcelのように表計算として使う方法を解説します。
Accessの場合、集計をかけるときは集計クエリを使い、テーブルとは分けて考えるのが
一般的です。

集計クエリの致命的な弱点は縦の計算ができないことです。横の計算は得意ですが。。

縦計がでないとできないことが出てくるので、その点も含めて解説します。

とりあえず今回は横計の出し方です。

下の図のように簡単なテーブルを作ります。

これを元に簡単なフォームを作ります。

テキスト9は合計が表示されるようにコントロールソースに算式を入れます。

=Nz([A商品売上])+Nz([B商品売上])

これでフォームを表示させると、下の図のようになります。

テキストボックスには合計が表示されていますが、テーブルのデータには合計のデータがまだ入っていません。

合計のフィールドには、何かしらの仕掛けをしないとデータが入りません。
今回はコマンド11をクリックしたときに値が入るようにしたいと思います。

テーブルのフィールドに値を入れるときは、ADOというテーブルのデータを直接操作する
プログラミングを使います。

コマンドボタンのイベントタブのクリック時に次のVBAコードを入力します。
Private Sub コマンド11_Click()
Dim cnn As ADODB.Connection
Dim rs As ADODB.Recordset

Set cnn = CurrentProject.Connection
Set rs = New ADODB.Recordset

rs.Open “テーブル”, cnn, adOpenKeyset, adLockOptimistic

rs!売上合計 = Nz(A商品売上) + Nz(B商品売上)
rs.Update

rs.Close
Set rs = Nothing
cnn.Close
Set cnn = Nothing
End Sub

これでフォームのコマンドボタンをクリックすると、合計は入ります。

実行したときにエラーが出たときは、VBEの画面でツールの参照設定をクリックし、
下記のライブラリファイルにチェックを入れてOKを押してください。

これでエラーは回避されます。
要はこのデータベースではADOという技法を使いますと宣言をします。

========================================
今日は浦和に来ています。昨日本を通じて知り合った方とお会いしました。
これも何かの縁ですね。そういったご縁を大事にしていきたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

講話をします!

4月21日の土曜日に静岡市倫理法人会にて講話を
務めさせていただきます。

ご興味のある方はぜひ静岡駅前のホテルアソシア静岡
までお越しください。

静岡市チラシ

よろしくお願いします。

平成29年の確定申告の感想

今日で平成29年度の確定申告が終わりました。

年々件数が増え、そろそろ限界かなと思いました。
来年以降の新規の受付はストップし、できるだけ
減らす方向でやっていこうかと思います。

今年の確定申告の傾向としては、景気回復の影響を
感じる申告でした。
続きを読む

AIに奪われる仕事

AIに仕事を奪われる業種に税務申告代理人が書かれています。
税理士ではなく税務申告代理人です。

確かにこの言い方は言いえて妙だと思います。

私的には税理士の仕事がなくなるとは思っていません。
ただ税務申告代理人の仕事はなくなるかもしれません。
続きを読む

法人成りするタイミング

法人成りか個人事業主か?

我々税理士がよく訊かれる質問です。

今までは、この所得金額なら個人のままでもいいですよ等々、納税額が安いとか、
個人ならとりあえずは社会保険に入らなくてもいいですよ、みたいな話をしてきました。
消費税も最低でも1年は免除されます。
続きを読む

電子書籍を出版しました

経理業務のためのAccess実践講座、Accessで経理実践編では、請求の締切と解除は
VBAで解説していましたが、VBAを使わずに請求の締切・解除をクエリだけで解説した
のが本書になります。

締切・解除も得意先毎に個別にやる方法と、締め日毎にまとめて締切る方法の両方を
解説しています。

ただ請求を締切るだけでなく、請求残高一覧表に必要な、請求日毎の、
前月繰越、当月売上、当月入金、次月繰越
もテーブルのデータとして追加する仕組みも解説しています。

VBAは全く使わず、クエリだけで解説しているので、Access初心者でもご理解
頂けると思います。是非ご一読ください。

Accessで試算表を作る4~VBAコードで集計する理由

Accessで試算表を作ろうとした場合、クエリでは作れません。

8割がたできます。でも残りの2割が詰め切れません。

その2割部分は何かというと、縦計です。

Accessは横の計算は問題なくできますが、縦の計算には滅法弱いのです。
例えば、売上が何種類かあってそれを売上合計として集計しようとします。

そうすると
売上1
売上2
のそれぞれの合計は簡単に集計できます。
でも
売上1
売上2
売上高合計→これを集計する術がクエリにはありません。

では縦の計算を集計するためには、クエリではなく集計結果をテーブルに
データとして格納するしかありません。

そのために長い長いVBAコードを記述しました。

Excelであれば簡単にできることですが、Accessではできない最たる部分
だと思います。

いずれにしろ、クエリでやろうと思っても
前月繰越、当月借方発生、当月貸方発生、次月繰越
をDSUM関数でやるとなると相当のPCへの負荷がかかります。

今回作ってみて思ったのですが、
クエリでDSUM関数を使うのと、VBAでDSUM関数を使うのでは、
処理するスピードは圧倒的にVBAでDSUM関数を使った方が早い
ことに気づきました。

その点からもVBAを使うメリットがあります。

=====================================
新年あけましておめでとうございます。
本年も本ブログをよろしくお願いします。

年末年始は台湾に行ってきました。
台湾は春のような陽気でとても過ごしやすかったです。
その分日本の寒さが身に応えます。。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。