複数のテーブルの値を集計する~DSUM関数で集計した値を使う

クエリのフィールドの設定をするときに、フィールドを作る箇所で数式を
入力するのもいいのですが、少し狭いので、フィールドを選択して、SHIFT+F2を
同時に押すと、ズーム画面が表示されます。
2802071
クエリの設定で数式を入れるときはこちらを使うようにします。
続きを読む

複数のテーブルの値を集計する~DSUM関数

複数のテーブルのデータを一つにまとめる場合にもDSUM関数が便利です。

例えばこのように複数のテーブルから、工事NO毎に金額を集計しようとします。
2802061
集計クエリでテーブル毎に工事NO毎に金額を集計して、そのクエリを更に工事NO
毎に集計するという方法もなきにしも非ずですが、あまりいい方法ではありません。
続きを読む

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカーさんの書籍は大好きで、よく読むのですが、書いてあることが
難しいのか、すぐに頭から離れてしまいます。

そんな訳で、同じ本を時間をあけて何回も読むようにしています。
今回はしっかりと頭の中に入ってきました。

時間を管理する
貢献に焦点を合わせる
強みを生かす
重要なことに集中する

当り前といえば当たり前ですが、つい本来の経営者の仕事から離れている
ことに痛感させられます・・

私ももうすぐ不惑の40歳。もうあまり寄り道している時間がないので、
しっかり肝に銘じて、仕事の割り振りを考えたいと思います。

サブフォームのデザイン

メインフォームにサブフォームを貼り付けた場合、どう編集すれば一番見やすい
でしょうか?

もちろん個人個人によって好みはありますが、私の主観で解説します。

変更するの次の3つ。
スクロールバー(赤)
移動ボタン(緑)
レコードセレクタ(青)
2802051
続きを読む

経営者の時間は有限です~社内の仕組み作り

経営者は、会社のありとあらゆる事象に対して責任を
持たなければいけません。仮に全部社員に任せて、本人は
まったく関与していない事象に対しても、です。

では何でもかんでも会社のことに目を配らないといけないか
というと、それでは社長の仕事をしている時間がありません。

結局はミスが起こらない仕組みをどうつくるか、チェック体制
をどう築くかにかかります。ここをうまく組み立てることが
できれば、社長の負担も減り、経営に時間を割くことができます。

とは言っても言うは易しです。会社を発展させるためには社長
が自由に動ける時間が絶対不可欠です。少しずつでも社内の体制
を整えていけるよう、マニュアル化できるものはマニュアル化
していくことをお勧めします。

今社長がやっている仕事は、それは本当に社長でなければできない
仕事なのか、振り返ってみる必要があります。もしそうでなければ
面倒くさがらずに社員にやってもらうと同時に、ミスなくできるよう
な体制づくりを少しずつでもいいから確立していきましょう。

前行と同じ日付は表示しない~DCOUNT関数の使い方

例えば前行と同じデータは表示しない方が見やすい場合が多々あります。
2801271
特に日付は同じ日付は表示しない方が明らかに見やすいです。
それ以外にも納品書番号など請求書を印刷したときは、番号が変わった
ときだけ表示する方がスマートです。

そんなとき使うのがDCOUNT関数です。
続きを読む

Accessで給与計算~乙欄の追加③

88000円未満の設定をします。
2801221
源泉乙欄を次のように変更します。
乙欄: IIf([給料]<88000,Int([給料]*0.03063),Int(DLookUp(“金額”,”源泉表乙欄”,”[以上]<=” & [給料] & “” & ” and ” & “[未満]>” & [給料] & “”)))/1
変更するのは太文字部分。要は88000円の場合とそうでない場合の条件分岐を行います。
88000円に満たないときだけ、給料に3.063%をかけます。
続きを読む