Accessで名刺管理~訪問日の間隔を求める②

間隔を求めたら、取引先のランクごとに決められた間隔通りに訪問できているか
自動で判別できるようにします。

最初にテーブルに取引先をランク付けします。
名刺データテーブルにランクというフィールドを作ります。
フィールドサイズは2で十分です。
2809071
このフィールドに得意先のランクをAからDまでで入れていきます。
続きを読む

Accessで名刺管理~訪問日の間隔を求める①

活動記録から本日からその得意先に最後に訪問した日をもとめて、
その差の日数を求めます。

最後の訪問日と間隔を求めるクエリです。
2808051
まずはDMax関数で得意先毎の最後の訪問日を活動記録のデータから求めます。
次にDatediff関数を使って、今日(date())との差を求めます。
dateの()は必ず付けてください。
続きを読む

Accessで名刺管理~活動記録を顧客詳細情報から確認

活動記録を名刺データのフォームから確認できるようにします。
情報はできるだけ一つにまとめた方が、あっちこっち移動する必要が
ないので、できればそういう仕組みにしたいところです。

最初に活動記録一覧フォームをコピーして、名前を変えて保存します。
2808021
デザインビューを開いて、上の図のように得意先名と担当者を削除します。
続きを読む

電子書籍を発売しました。

経理業務のためのAccess実践講座が絶版となってしまったため、
執筆時の原稿を一部加工して、電子書籍化しました。

内容は紙ベースの著書と全く同じです。

サンプルファイルは当ブログからダウンロードしてください。

よろしくお願いします。

※Accessの基本操作ができる方が対象です。

Accessで名刺管理~活動記録の登録

名刺を一覧で検索できるようにしたら、その方との活動の内容を登録し、
あとからどのような経緯で付き合いがあるのか、分かるようにします。

最初に活動記録を入れるテーブルを作ります。
2807081
IDは名刺データのIDと関連付けするために作成します。あとはタイトルがあってもいいかなと思います。
続きを読む

Accessで名刺管理~取り込んだデータの編集

最初に、名刺データテーブルに備考というフィールドを追加します。
これで自由に書き込みができるようになりました。
2806252

名刺データは、現在のままではテーブルを直接開くことでしか、データの
編集ができないので、フォームでもできるようにします。
続きを読む

売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。

お客さんを見回すと、やはり売上高が多いお客さんは、社長が最前線で
指揮を執るということはありません。
うちの事務所も私がほぼ最前線で右往左往している状態なので、まさに
この本に書かれているのように、どんどん社員教育して、組織として仕事
ができるような体制にしていかないといけないんだなと痛感しました。

一人でも従業員を雇うということは、すぐにではないにしてもそのような
体制にしていかないと、経営者ばかり大変という事実から抜けられない
のだろうと思います。別に10億目指そうがそうでなくても、やるべき
ことは同じだと思います。