カテゴリー別アーカイブ: 見積書

納品書NOを月毎に付番する

納品書を月ごとに、「年月」と「その月に発行した納品書の枚数」で納品書NOを付番する方法です。

サンプルなので、簡単な納品書テーブルを作ります。

納品書NOは全てクエリで設定するので、テーブルでフィールドは作りません。

クエリのフィールドは以下の通りです。年月はFormat関数で簡単に変換できますが、
月毎の納品書の件数をカウントするのが結構しんどいです。

最初に日付の月の月初との日付と月末の日付を求めます。
次にその間の件数を数えるという流れです。

日付をFormat([日付],”yymm”)をDCount関数に当てはめて件数を数える方法も思いついた
のですが、上手く出来なかったのでこの方法に辿り着きました。

クエリ「付番」の納品書テーブル以外のフィールドは次の通りです。

開始日: DateSerial(Year([日付]),Month([日付]),1)

終了日: DateSerial(Year([日付]),Month([日付])+1,0)

件数: DCount(“*”,”納品書”,”日付>=#” & [開始日] & “#” & ” and ” & “日付<=#” & [終了日] & “#” & ” and ” & “納品書ID<=” & [納品書ID] & “”)

年月: Format([日付],”yymm”)

納品書NO: [年月] & “-” & [件数]

簡単そうに思えますが、いろいろなフィールドを組み合わせて作ります。
すぐにできると思ったら案外時間がかかりました。^^;

細かいフィールドの内容については、
2016/2013/2010/2007対応 Accessクエリ ビジネス活用事典をお読みください。

よろしくお願いします!

==========================================
久しぶりの投稿。
先日津市で税理士会の市民フォーラムの実行委員として参加して来ました。
大役を頂き、大変な思いをしましたが、無事終わりほっとしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

レポートで2ページ以降合計金額を表示させない

Accessで請求書等を出すときに、枚数が2枚以上にわたる場合もあります。
そのとき何も設定を変えないと、二枚目以降にも合計金額が表示されて
しまいます。
2802151
少しややこしくなるので、できれば二枚目以降の表示はなくしたいところです。
続きを読む

IIF関数で消費税の切捨・四捨五入

例えば伝票処理する場合、消費税を乗せる場合があります。
そのとき、得意先によっては端数切捨てだったり、四捨五入だったり
することがあると思います。

そんなときもIIF関数で対応します。

明細毎に切捨・四捨五入が違うということはないと思うので、通常は
得意先毎に処理方法を指定します。そんなときは得意先情報のところで
まとめて管理します。
2712161
続きを読む

Accessで作る請求書28~サンプルデータ

今までのまとめをサンプルデータにしました。

細かい動作確認で訂正・追加した箇所もありますので、できれば一つ一つブログの記事と
サンプルファイルの動作確認をしながら確認してみて下さい。

一から作る方法もありますが、サンプルファイルがどのように作られているのか分解して
見るのもAccessやAccessVBAの理解が深まります。

替えすぎて訳が分からなくなったら何度でもダウンロードして下さい。


続きを読む

Accessで作る請求書20~入金の管理 未収入金フォームの作成

未収入金集計クエリに得意先名を表示させます。
2609021
方法は他にもありますが、今回はDlookup関数を使います。
得意先CDはどのテーブル・クエリにも存在しているので、今回は請求書テーブルの得意先CDを
参照します。(どれを参照しても結果は同じです)
続きを読む

Accessで作る請求書17~入金の管理 得意先CDで請求書を選別する

請求書NOを選択する場合、その前に得意先CDを選択しているので、請求書も
その得意先に対応する請求書のみ表示させた方が、効率よく入力できます。

そのために、請求書一覧を呼び出すときのコードを少し手直しします。
2608271
続きを読む

Accessで作る請求書16~入金の管理 コマンドボタンの切り替え③

それ以外にも、コマンドボタンで操作が被る箇所があるので、修正します。
見積書と請求書とも、サブフォームから商品フォームを開きますが、まだその設定をしていません。

最初に商品フォームにテキストボックスを配置して、
2608251
コマンドボタンのVBAコードを変更します。
続きを読む