カテゴリー別アーカイブ: 試算表

Accessで試算表を作る2~テーブルの作成②

テーブルにデータを入れていきます。
設定すべきテーブルは、T科目名とT試算表の二つです。

最初にT科目名。
ここに試算表に使う科目とその属性を登録します。新規に科目を作る場合もこのテーブルに
つくります。

多めに科目CDを用意しておいて、科目名と属性を入れるようにしておけばいいと思います。

次にT試算表。科目CDの数、科目CDと科目名はT科目名の科目を常に一致させます。

T科目名を設定したら、T科目名の3列をそのままコピペでいいと思います。
このテーブルに試算表の集計結果が反映されます。

T会計データには仕訳を入れていきます。

ここで入れた仕訳データを元にT試算表のフィールドに数値が集計されます。

仕訳データをT会計データに入れて、集計をかけて、その集計結果をT試算表にデータを
格納するという流れです。

========================================
最近整体に通っています。40年間ほったらかしの体はあちこちガタがきてました。
自分は方も凝らないし、整体やマッサージとは無縁だと思っていましたが、
そうはいっても体にゆがみがでるのですね。。

本日も最後までお読みいただきありがとうござます。

Accessで試算表を作る1~テーブルの作成

Accessに仕訳データを入れて試算表を作成します。
基本的にVBAを使って集計し、ADOを使ってテーブルを操作するので、クエリはあまり使いません。
ですので、VBAとADOを理解していないとおそらく読んでも理解できないと
思われますので、ご容赦ください。

最初にテーブルの設定をします。
用意するテーブルは3つです。
科目の情報をまとめた科目テーブル。

続きを読む