カテゴリー別アーカイブ: 請求書

Excelで請求書(納品書)を作る①

Excelで請求書(納品書)を作る場合、やはり請求書ごとにシートが変わるというのは
Accessで常々処理していると、それを会計のデータと照合する場合、耐えがたい苦痛です。

そんな訳で、簡単な請求書のフォーマットを作りました。

請求書の様式です。

様式には数式が入っているので、請求NO以外はデータは入れません。
あくまでも印刷確認用です。
データを切り替える場合は請求NOを変更します。
続きを読む

Accessでレポートで罫線の行数を指定し、行数を表示する

レポートで罫線の行数を指定すると同時に、明細がある行数にその明細の数を
表示させる設定です。

2802161
最初に、詳細セクションに行数を表示するテキストボックスを配置します。
テキストボックスの名前を「行番号」とします。
続きを読む

レポートで2ページ以降合計金額を表示させない

Accessで請求書等を出すときに、枚数が2枚以上にわたる場合もあります。
そのとき何も設定を変えないと、二枚目以降にも合計金額が表示されて
しまいます。
2802151
少しややこしくなるので、できれば二枚目以降の表示はなくしたいところです。
続きを読む

Accessで作る請求書~消費税込に対応する①

取引先によっては、消費税込で請求する先があると思います。
例えば免税事業者さんとか。
それに対応できるようにします。

最初に発行する請求書について、その請求書が税抜で消費税を乗せるのか、
税込でそのままの金額で出すのか区別するため、請求書のメインとなるテーブルに
消費税込というフィールドをYES/NO型で作ります。
2802081
続きを読む

IIF関数で消費税の切捨・四捨五入

例えば伝票処理する場合、消費税を乗せる場合があります。
そのとき、得意先によっては端数切捨てだったり、四捨五入だったり
することがあると思います。

そんなときもIIF関数で対応します。

明細毎に切捨・四捨五入が違うということはないと思うので、通常は
得意先毎に処理方法を指定します。そんなときは得意先情報のところで
まとめて管理します。
2712161
続きを読む

Accessで作る請求書28~サンプルデータ

今までのまとめをサンプルデータにしました。

細かい動作確認で訂正・追加した箇所もありますので、できれば一つ一つブログの記事と
サンプルファイルの動作確認をしながら確認してみて下さい。

一から作る方法もありますが、サンプルファイルがどのように作られているのか分解して
見るのもAccessやAccessVBAの理解が深まります。

替えすぎて訳が分からなくなったら何度でもダウンロードして下さい。


続きを読む

Accessで作る請求書27~請求書レポートの作成⑤敬称の追加

請求書には敬称が必要です。
法人名で請求書を出すときは、御中、担当者名で出すときは、様
と敬称も相手によって違います。

これをクエリで設定し、レポートに反映させます。

最初にクエリの設定。
図のようにフィールドを二つ設定し、敬称1、敬称2を追加します。
続きを読む


1 / 41234