カテゴリー別アーカイブ: Access(アクセス)

空白がある場合の並べ替え

空白がある場合の並べ替えです。
例えば商品CD順で並んでいる場合、基本的にはこの通りに表示されます。

例えば商品CD以外の順番で並べ替えようとするとき、もう一つ「並び」というフィールドを
商品CDに用意します。

コマンドボタンのクリック時のイベントタブにマクロを登録します。
並べ替えの設定を選択し、「並び」を選択します。

並びのコマンドボタンをクリックすると、このように並びが変わります。

残念ながら空白が上にきてしまいます。これでは意図した結果が得られません。

ここで一工夫。

フォームのレコードソースを一部変更します。

並び空白除く: IIf(IsNull([並び]),9999,[並び])
をフィールドに追加します。

そして並び替えの設定のマクロも、「並び」から「並び空白除く」に変更します。

これで並びのコマンドボタンを実行すると、空白を除いたところで昇順で並べ替えができます。

==========================================
先々週から微熱が続き、体調不良が続き、昨日はエントリーした島田大井川マラソンのスタート
ラインにも立つことができませんでした。
やっと金曜日に病院に行って、薬を飲んで、土日しっかり寝て、やっと今日熱が下がり
体調がだいぶ戻ってきました。12月のレースに向けて一から鍛え直しです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

軽減税率とそれ以外の売上の表記について①

軽減税率への対応②でクエリで消費税を集計し、DLookupで参照する流れを解説
しましたが、この方法は分かりやすいのですが、フォームを開いたときの動作が
遅いという欠点があります。それを解消する方法を解説します。

今回の解説は、
著書 経理業務のための Accessマクロで作るデータベース入門のサンプルデータを元に解説します。

納品書に、
・軽減税率の売上と消費税
・軽減税率適用外の売上と消費税
を集計するフィールドを作ります。
こんな感じです。

続きを読む

宛名ラベルの印刷② 宛名位置の指定

宛名ラベルを印刷すると、かなりの高い確率で余りが出てしまいます。
特に20枚印刷で21枚となると、1枚の宛名ラベルに宛名シートが1枚必要になってしまいます。
それで余ったシートが使えなくなるのはあまりにももったいないので、
続きから印刷できるよう、印刷位置を指定して印刷出来るようにします。

最初にこのような住所録を作ります。ラベル印刷にチェックがついている人だけ
ラベルが印刷されます。

続きを読む

レポートを用紙に合わせる

レポートの設計をしている場合、横幅が問題になる場合があります。

このように1ページに収まらない場合、警告が出ます。

これがどういう理屈で出るのかというと、A4サイズの横幅は210mmとなっています。
では210mmまでに収めればいいのか?というとそういうわけではありません。

印刷には余白が必要です。
続きを読む