カテゴリー別アーカイブ: Access(アクセス)

VBAのコードをまとめて変更する

VBAでプログラムを組んでいるときに、変数を間違えていたり、テーブル名を間違えたり等々、
プログラムを一括して変更したい場合が多々あります。

そんなときは、まとめて変更したいプログラムをコピーしてWordに貼り付けます。
貼り付けたら、ホームタブの「置換」をクリックします。

続きを読む

納品書の消費税を明細にレコードとして保存する①

納品書を作成する場合、サブフォームの納品明細に納めた商品と単価と数量を入れて
いくと税抜きの納品金額が計算されます。

その納品金額に消費税率をかけて消費税を計算します。
ただ消費税を納品書に表示するだけなら、テキストボックスに
=納品金額*0.08
で計算し、納品金額に消費税を足せば税込みの金額が計算できます。

続きを読む

Access Runtime版インストールの注意点

Access Runtime版をインストールするときに、2010以降32ビットなのか64ビットなのか
それぞれに該当するAccess Runtime版をインストールする必要があります。


スタートボタンを右クリックして、システムを選択すると、OSが何ビットなのかわかります。

マイクロソフトのHPからRuntime版をダウンロードすることができます。
続きを読む

クエリ・フォーム・レポートを更新した場合

クエリ・フォーム・レポートを更新したときは、次の手順で違うファイルのクエリ等を
更新します。

Accessはご存知のとおり、テーブルにすべてのデータが保存されています。
私の場合、お客さんにAccessファイルをお渡しして、運用してもらっていますが、
何か修正があった場合は、お客さんに渡したファイルを引き取って修正をするのではなく、
そのファイルをコピーして、そのコピーしたファイルを最初に直します。

そうしないとお客さんの業務がと滞ってしまいます。

コピーしたAccessファイルを直したら、その直した
クエリ
フォーム
レポート
を覚えておきます。
続きを読む

Accessで工程管理~日付の明細を表示する

Q原木残数を使って、フォームを作ります。このフォームからは今残っている
原木が、
①何日に仕入れたものが何本残っているのか確認する
②新規に仕入れた原木を入力する
この二つの役割があります。

作成タブのフォームウィザードから、Q原木残数を選び、フォームの形式は表形式
を選択して、フォームを作ります。

作ったフォームにテキストボックスを一つ配置します。
「F原木仕入」としてフォームを保存します。

次に上で作ったフォームを日程フォームから開きます。

原木の残数を表示するテキストボックスのプロパティを開き、イベントタブを選択します。
ここでダブルクリック時に次のコードを入力します。

Private Sub テキスト5_DblClick(Cancel As Integer)
DoCmd.OpenForm “F原木仕入”, , , “原木日付<=#” & Me!日付 & “#”
Forms!F原木仕入!テキスト11 = Me!日付
End Sub

このテキストボックスをダブルクリックすると、下の図のように原木の残数が表示
されたフォームが開き、クリックした日付がテキストボックスに転記されます。

このような方法で、現在の在庫数をそれを構成するフォームを表示して
いつ仕入れた材料がどれくらい残っているのか表示することができます。

==========================================
昨日ガラケーを買い替えました。もう電源がほとんど入らず、連絡先の移行するときも
なかなか電源が入らなくて、このまま移せないのではないかと心配しましたが、
最後の力を振り絞ってくれて、何とか連絡先を新規のガラケーに移せました。
7年間私の仕事を支えてくれたガラケーに感謝です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


1 / 4112345...102030...最後 »