カテゴリー別アーカイブ: テーブル

行間にレコードを追加するときの注意点

行間に追加したときは、次の注意点があります。

①レコードの並び方を指定しておきます。


折角順番を付けているので、並び替えは順番を選択します。

これでVBAでクエリを実行したときに、順番通りに並べ替えられます。
何も設定しないと、オートナンバーで表示されるので、順番通りになりません。
注意してください。

②絶対にレコードを入れなければいけないフィールドがある場合

クエリはリレーションシップで、商品明細の商品CDを商品テーブルの商品CDと関連付けをした場合、
商品CDにデータがない状態ではレコードの追加ができません。

そんなときは、VBAコードを次のように変更します。
rs.AddNew
rs!順番1 = a
rs!商品CD = 1
rs!納品書NO = Forms!納品書!納品書NO
rs.Update
仮の商品CDを入れる必要があります。

当然後から正しい商品CDをいれないといけません。
それ以外にテーブルの設定で「値要求」が「はい」になっているレコードについても
仮で何か値を入れる必要があります。

注意点はこれくらいです。

納品書等を作る場合、やはり行間にレコードを追加できるようにしておく必要があると
思います。こんな感じで参考にしてもらえればと思います。

サンプルファイルを上げておきますので、必要であればダウンロードしてください。

======================================
コロナワクチン1回目打ってきました。
1回目は特に副反応はありません。(今のところ)
問題は2回目だな。
家族に走ることを止められて、それがストレスです。。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

請求明細から請求書を作る①概要

この前、知り合いからExcelの明細から請求書を作れないか?という相談があり
やってみました。なかなかの出来栄えでしたので、そのやり方を解説します。

概要としてはこんな感じです。
Excelにとあるシステムから掃き出した請求明細があります。

続きを読む

レコードを選択して集計する

Accessを使っているとテーブルにどんどんレコードが追加されていきます。

Accessに入力したデータで集計もしくは新たな資料を作る場合、何もしなければ
クエリやVBAの指示は全レコードに及び、ほんの一部の処理が全レコードに及びます。
特に重たい処理(DLookup関数やDsum関数)を使うときは如実に遅くなります。
続きを読む

入金伝票を作成する②~メインフォームのレコードの追加・更新

テーブルを整えたら、次にデータを追加クエリで追加します。

次のように追加クエリの設定をします。

得意先CDを関連付けて、該当する得意先CDが表示されたデータのみ、
入金伝票のメインフォームとなる、日付と得意先CDのレコードを追加します。
ただし同じデータが二度作られないように、作成済みに☑がついているレコード
以外のデータを作成するようにします。
続きを読む

預金データと得意先CDを関連付ける

預金データをAccessに取り込んでできることというと、真っ先に上がるのは預金データから
入金伝票を作ることでしょうか。

その第一段階として、預金データの摘要から得意先コードを関連付ける必要があるので
今回はその方法を解説します。
続きを読む

Accessに預金データをインポートする

預金のデータ(CSVファイル)でダウンロードしたデータをAccessにインポートします。

最初にダウンロードした預金のデータを整えます。
5行目までは削除して、残高の列もデータを削除します。

残高をAccessに入れてもデータが膨らむだけなので、残高はインポートしません。
続きを読む