カテゴリー別アーカイブ: Excel(エクセル)

Excelで出納帳をつける際の注意点

確定申告の時期が近づき、そろそろやらないと、という方が多いと思います。

一年間貯めに貯めたレシートをどう集計するのか簡単な方法を説明します。

よくある方法は、手当たり次第に入れてしまう方法です。
この方法は手っ取り早いのですが、効率が悪いです

特に日付ごとにやらないと、という考えは捨ててください。
日付はExcelであればあとで幾らでも並べ替えできます。
でも月がまたぐと少し並べ替えが面倒になるので、できれば
月ごとに入力した方が無難です。

入力する前に最初にすべきことは
レシート・領収書を種類ごとにまとめる
という作業です。

これをしてから入力を開始すれば、科目と摘要をそのままドラッグ
でまとめて埋められるので入力の負担が軽くなります。

一手間加えることでだいぶ効率が変わるので、焦る気持ちは分かりますが
最初にレシートを種類ごとにまとめる
をやってみてください。

============================
弊所の採用ですが、無事採用が決まり、4/1からの出社となりました。
可能性がある子なので、しっかり成長できるようにサポートしていき
たいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Excelを使ってまとめて仕訳を作る

確定申告が近づいてくると、納税者が領収書をごっそり持ってきます。

私は関与先には、月毎にまとめなくていいから、種類ごとにまとめてください
とお願いしています。

例えば、
高速代
ガソリン代
電車代
駐車場代
交際費の飲食
消耗品
等々
続きを読む

賞与を逆算する

たまに賞与を手取り額で指定される場合があります。
例えば30万円支給しておいたから、、

その場合、社会保険料と源泉所得税を逆算しないといけません。
その逆算の方法です。

考え方は、もらう賞与を1とすると、
健康保険料 0.0567(40歳以上)
厚生年金  0.0915
雇用保険  0.003
合計すると 0.1512となります。
続きを読む

VBAのコードをまとめて変更する

VBAでプログラムを組んでいるときに、変数を間違えていたり、テーブル名を間違えたり等々、
プログラムを一括して変更したい場合が多々あります。

そんなときは、まとめて変更したいプログラムをコピーしてWordに貼り付けます。
貼り付けたら、ホームタブの「置換」をクリックします。

続きを読む

Excelで請求書(納品書)を作る①

Excelで請求書(納品書)を作る場合、やはり請求書ごとにシートが変わるというのは
Accessで常々処理していると、それを会計のデータと照合する場合、耐えがたい苦痛です。

そんな訳で、簡単な請求書のフォーマットを作りました。

請求書の様式です。

様式には数式が入っているので、請求NO以外はデータは入れません。
あくまでも印刷確認用です。
データを切り替える場合は請求NOを変更します。
続きを読む