カテゴリー別アーカイブ: クエリ

明細に集計行を追加する③

小計まで出したら、追加で消費税と税込金額も明細に追加することができます。
こんな感じで。

やることは、小計行の数字に0.1掛けた金額を追加クエリで追加します。

基本は前回の小計を追加するクエリをコピペして、編集します。
変わる点は、小計にのみ税率をかけるので、単位のフィールドに抽出条件として
“小計”のみ計算対象にします。

追加クエリを実行すると印刷用のテーブルは下の通りになります。

同じ要領で次に小計と消費税をたして税込金額のレコードを追加します。

次は集計対象を”小計”と”消費税”で抽出し、Sum関数で合計します。

追加クエリの実行結果です。

あとはこのテーブルを印刷するのですが、印刷を押したときのコマンドボタンのコードに
今回の追加した二つのクエリを実行する分も追加します。

Private Sub コマンド49_Click()
DoCmd.OpenQuery “Q見積明細印刷用削除”
DoCmd.OpenQuery “Q明細追加”
DoCmd.OpenQuery “見積印刷小計追加”
DoCmd.OpenQuery “見積印刷消費税追加”
DoCmd.OpenQuery “見積印刷税込追加”

DoCmd.OpenReport “見積書”, acViewPreview, , “見積書NO=” & Me!見積書NO & “”
End Sub

こんな感じです。クエリの順番は必ずこの順番になります。

このやり方であれば、テーブルにないレコードを印刷しようとしたときに、必要なレコードを
作成し、追加クエリで追加すれば、自由に設定をすることができます。

====================================
昨日は長女の大学入試の共通テストでした。
自己採点の結果は、実力は発揮できたかなと思います。
この先1か月、私立の受験も始まり本格的な受験シーズンに
突入します。
高校受験と違った緊張感が我が家では漂っています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

請求明細から請求書を作る④~請求明細データを追加する

Excelからテーブルにインポートしたレコードから明細を作り直します。

最初に請求明細を入れるテーブルを用意します。
フィールドの設定はこんな感じです。インポートしたときはたくさんのフィールドが
ありましたが、必要最低限のものでいいと思います。

続きを読む

請求明細から請求書を作る③~請求書のメインデータの作成

出力する請求書は次の通りです。一般的な請求書ですが、では何件の請求書を作成すれば
いいのでしょうか?

それは当たり前ですが、明細に出てくる請求先の数の分だけ請求書の頭を作る
必要があります。

では請求書の枚数をどう数えたらいいのでしょうか?

請求明細の顧客名もしくは顧客CDをグループ化することで、何枚の請求書が
必要かわかります。

Q名前の実行結果です。

全部で336件の得意先の明細があるのでその分請求書も作ります。

このQ名前を使って請求書を追加クエリで作ります。
下の図のようにクエリの設定をします。追加先はT請求書です。
(事前にT請求先を作っておいてください。)
T請求書の設定内容

Q請求書追加として保存します。

Q請求書追加クエリを実行すると次のようにT請求書にデータが作成されます。

Q名前の実行結果とT請求書のレコードの数が一致していることを確認してください。

とりあえず請求書の頭と、明細のデータができたので、次はこれをリンクさせます。

========================================
人間ドックでγGTPの値が三桁に跳ね上がっていたので、家飲みを禁止にして
2か月が経過しました。
ビールを飲まなくなり、その分摂取カロリーも減り、たまに痩せた?
と聞かれます。
確かに2キロぐらい痩せましたが、マラソンのトレーニングのお陰で元々痩せ型の体形なので
そう言われても嬉しくありません。
逆にそう見られないように体重を維持しないと。。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

請求明細から請求書を作る①概要

この前、知り合いからExcelの明細から請求書を作れないか?という相談があり
やってみました。なかなかの出来栄えでしたので、そのやり方を解説します。

概要としてはこんな感じです。
Excelにとあるシステムから掃き出した請求明細があります。

続きを読む

レコードを選択して集計する

Accessを使っているとテーブルにどんどんレコードが追加されていきます。

Accessに入力したデータで集計もしくは新たな資料を作る場合、何もしなければ
クエリやVBAの指示は全レコードに及び、ほんの一部の処理が全レコードに及びます。
特に重たい処理(DLookup関数やDsum関数)を使うときは如実に遅くなります。
続きを読む

源泉徴収税額の計算方法が変わりました

給与計算をする上で、源泉徴収税額表が変わりました。

源泉徴収税額表(国税庁のHP)

大きな変更は、高額の給与の計算が細かくなったことでしょうか。
これをクエリで組むと、なかなかのクエリになりました。

このデータベースは大人数の給与計算を想定していないので、多少重くなっても
問題ないかなと思います。
続きを読む