カテゴリー別アーカイブ: クエリ

納品書NOを月毎に付番する

納品書を月ごとに、「年月」と「その月に発行した納品書の枚数」で納品書NOを付番する方法です。

サンプルなので、簡単な納品書テーブルを作ります。

納品書NOは全てクエリで設定するので、テーブルでフィールドは作りません。

クエリのフィールドは以下の通りです。年月はFormat関数で簡単に変換できますが、
月毎の納品書の件数をカウントするのが結構しんどいです。

最初に日付の月の月初との日付と月末の日付を求めます。
次にその間の件数を数えるという流れです。

日付をFormat([日付],”yymm”)をDCount関数に当てはめて件数を数える方法も思いついた
のですが、上手く出来なかったのでこの方法に辿り着きました。

クエリ「付番」の納品書テーブル以外のフィールドは次の通りです。

開始日: DateSerial(Year([日付]),Month([日付]),1)

終了日: DateSerial(Year([日付]),Month([日付])+1,0)

件数: DCount(“*”,”納品書”,”日付>=#” & [開始日] & “#” & ” and ” & “日付<=#” & [終了日] & “#” & ” and ” & “納品書ID<=” & [納品書ID] & “”)

年月: Format([日付],”yymm”)

納品書NO: [年月] & “-” & [件数]

簡単そうに思えますが、いろいろなフィールドを組み合わせて作ります。
すぐにできると思ったら案外時間がかかりました。^^;

細かいフィールドの内容については、
2016/2013/2010/2007対応 Accessクエリ ビジネス活用事典をお読みください。

よろしくお願いします!

==========================================
久しぶりの投稿。
先日津市で税理士会の市民フォーラムの実行委員として参加して来ました。
大役を頂き、大変な思いをしましたが、無事終わりほっとしております。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

クエリ・フォーム・レポートを更新した場合

クエリ・フォーム・レポートを更新したときは、次の手順で違うファイルのクエリ等を
更新します。

Accessはご存知のとおり、テーブルにすべてのデータが保存されています。
私の場合、お客さんにAccessファイルをお渡しして、運用してもらっていますが、
何か修正があった場合は、お客さんに渡したファイルを引き取って修正をするのではなく、
そのファイルをコピーして、そのコピーしたファイルを最初に直します。

そうしないとお客さんの業務がと滞ってしまいます。

コピーしたAccessファイルを直したら、その直した
クエリ
フォーム
レポート
を覚えておきます。
続きを読む

DLOOKUP関数でなければいけない場合

このブログでは再三DLOOKUP関数はあまり使わない方がいいという解説をしてきましたが、
今回はどうしても使わざるを得ないケースを紹介します。

原木IDに対応するQ残原木の残りの原木(残原木)を求めるクエリです。

このクエリの実行結果です。

普通に残原木が求めることができました。
続きを読む

源泉所得税の計算(86万円を超える場合)

源泉所得税を計算する場合において、月々の社会保険控除後の給与の金額が86万円を超える
場合、源泉所得税の計算が、ただ数字を当てはめるだけでなく、計算する必要が出てきます。

乙欄も含めたところの源泉所得税の計算式です。
非常に長いので、コピペで使ってください。
続きを読む

クエリの余計なフィールドは削除する

遠隔地で一つのファイルを使う場合、どうしても距離的な問題がでてきて
しまい、遠方にあるユーザーは若干ですが、コマンドボタンを押して
クエリを実行するときに、間ができてしまいます。

遠隔地で一つのファイルを使う場合

ネット環境やPCのスペックにもよりますが、できればコマンドボタンを
押したらサッとフォームが表示されるのが理想です。
続きを読む

クエリとVBAのコードを編集する

先日、源泉所得税で86万円を超える場合の説明をしました。
そのとき掲載したクエリがとにかく長く、同じフィールドを幾つも使っています。

例えばこれをコピペで使おうとした場合、自分で設定しているフィールド名と違うとクエリが上手く
動いてくれません。

そんな時は、コピーの基となるクエリをコピーして、Wordに一旦貼り付けます。

続きを読む

最終仕入原価法を求めるクエリ

税法では在庫の評価方法は最終仕入原価法なので、その単価を求めるクエリです。

図のようにクエリの設定をします。

最終仕入日: DMax(“日付”,”Q入庫単価”,”花材NO=” & [出荷伝票].[花材NO] & “” & ” and ” & “日付<=# ” & [日付] & “#”)

最初にその商品を出荷した日に一番近い仕入日を求めます。近い仕入日はDMax関数を使って求めます。

続きを読む


1 / 1412345...10...最後 »