カテゴリー別アーカイブ: クエリ

勤務管理表を作る~勤務時間の集計

入力した勤務時間を集計します。

作成タブのクエリデザインから、勤務時間計算クエリを選択し赤枠のフィールドを
選択し、集計をクリックします。
2804011
集計の種類は、上の図のように変更し、日付については、抽出条件として、
Between [いつから] And [いつまで]
とお決まりの抽出条件を入力します。
続きを読む

クエリで集計したデータを違うテーブルに掃き出す~期間を指定する①

前回まではテーブルのデータの全てを集計していましたが、ある一定の期間の売上データを
集計し、その集計したクエリのデータをテーブルに掃き出せるようにします。

通常期間指定をする場合、このようなクエリの設定をします。
2803221
日付はグループ化からWhere条件にしないと、任意の期間ではなく、日付毎の
集計になってしまいます。
続きを読む

クエリで集計したデータを違うテーブルに掃き出す④データがない場合

仮にデータに商品CD「B」のデータがない場合でも、クエリの実行結果はそのまま
データなしという形でテーブルに出力されます。
これはクエリではそう集計されないのですが、ADOを使ってクエリを完璧にコピー
している訳ではありません。
続きを読む

クエリで集計したデータを違うテーブルに掃き出す③コードの解説

前回おもむろにコードを羅列しましたが、その解説をします。

一つ重要な点は、ADOを使ってデータを操作する場合テーブルのデータを操作する
ことができるが、クエリのデータは操作できないということです。

つまり、今回の例ですと、商品CD商品名はクエリのすべてのデータにあります。
クエリの集計したデータを上から回すのではなくて、それであれば商品テーブルを
基準にルーティンを回します。
続きを読む

クエリで集計したデータを違うテーブルに掃き出す①

クエリで集計したデータを違うテーブルに掃き出す方法を解説します。

クエリで集計したデータをわざわざテーブルにする必要はないと思う方も多いと思いますが、
クエリの集計結果を一旦テーブルに落とし、そこでもう一度クエリの設定をするとより
より複雑な集計をAccessクエリで行えるようになります。

とりあえず簡単な仕組みを解説します。
続きを読む

Accessで作る現金出納帳~仕訳をExcelに出力する③

AccessからExcelに仕訳を掃き出す場合、日付を指定してその期間の仕訳だけ抽出
できれば便利です。その設定です。

特に難しいことはありません。図のように少し設定を変えるだけです。
2802241
これでコマンドボタンを押すと、いつから、いつまでの仕訳を抽出するのか
ダイアログボックスで聞いてくるので、日付を入力すればその期間の仕訳が
掃き出されます。
続きを読む

複数のテーブルの値を集計する~DSUM関数で集計した値を使う

クエリのフィールドの設定をするときに、フィールドを作る箇所で数式を
入力するのもいいのですが、少し狭いので、フィールドを選択して、SHIFT+F2を
同時に押すと、ズーム画面が表示されます。
2802071
クエリの設定で数式を入れるときはこちらを使うようにします。
続きを読む