カテゴリー別アーカイブ: 出納帳

現金出納帳のデータを仕訳に変換する5~ExcelVBAで仕訳データに変換③

次に入金取引です。
入金取引該当するかどうかは、G列が空白でない場合です。
コードで書くと

If Cells(a, 7).Value = “” Then
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a – 4, 2).Value = “現金”
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a – 4, 3).Value = Cells(a, 3).Value
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a – 4, 4).Value = Cells(a, 6).Value
End If
続きを読む

現金出納帳のデータを仕訳に変換する4~ExcelVBAで仕訳データに変換②

日付と摘要は、貸借関係がないのでそのままストレートにデータを移せばいいのですが、
科目と金額は貸借によってコードが変わります。

現金支出の取引のデータを仕訳に変換するコードです。

If Cells(a, 6).Value = “” Then
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a – 4, 2).Value = Cells(a, 3).Value
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a – 4, 3).Value = “現金”
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a – 4, 4).Value = Cells(a, 7).Value
End If
続きを読む

現金出納帳のデータを仕訳に変換する3~ExcelVBAを使う場合①基本的な考え方

コピー貼り付けで仕訳に変換する方法もありますが、それでは業務の効率化に限界があります。
やはりExcelVBAで全自動で変換できる方法をご紹介します。
開発タブがない方はこちら
一番最初にVBEを起動します。
2606272
続きを読む

現金出納帳のデータを仕訳に変換する1~ExcelVBAを使わない方法

以前も解説しましたが、最近お客さんがどこかネットでダウンロードした現金出納帳
を使い始めて、それを仕訳に変換できるようにしました。

折角Excelで付けてもらっているのに、これを印刷して手入力するようでは
あまりにも能がありません。

そんな訳で、最初はVBAを使わないで仕訳に変換する方法を解説します。
続きを読む

現金出納帳の使い方~帳簿の日付と入力した日付

現金出納帳は日々の現金の動きを記帳するものです。
本来であれば、日付を遡って入れるというのはあまりよろしいことではありません。

私が提供している現金出納帳には、その点に対応する仕掛けが組まれています。
一見すると日付順に並んでいます。
ダウンロードはこちら。
2605301
が、非表示になっているA列を表示すると、日付と異なる日付が存在します。
続きを読む

リストボックスの活用~応用⑤

より実践的な内容に入ります。
今回の内容までのファイルです。こちらもご利用下さい。

折角リストボックスで科目ごとに摘要が表示されるようになったので、これを出納帳に応用します。
下の図のように、Sheet2を追加して、表を作成して下さい。
2511011
一番下の行を何色でもいいので分かるようにして頂き、名前の定義をして下さい。
名前は出納帳にして下さい。
続きを読む

Accessアプリケーションの機能の追加①~テーブルの追加

今まで現金出納帳を作ってきて、とりあえずこれはこれで完成し
ましたが、例えばこれに部門や担当者も記録できるようにしたい
と思ったとき、こういった機能の追加も簡単にできます。
続きを読む


1 / 712345...最後 »