カテゴリー別アーカイブ: Excel

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する方法16~手数料の処理2

前回は、買掛金の場合のみの解説でしたが、未払金(313)、未払費用(319)
についても手数料を差し引いて振り込む場合、摘要では手数料ですが、会計
での科目は未払金、未払費用となります。

a=a+1の前にコードを追加します。
続きを読む

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する方法15~手数料の処理

振込手数料については、会社で負担する場合と先方に負担
してもらう場合の二通りがあります。
会社負担の場合の科目は振込手数料ですが、先方が負担する
場合の科目は、買掛金・未払金・未払費用等の科目になり、
この判別が必要になります。
続きを読む

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する方13~科目の判別④

相手科目の設定で、摘要に登録されているものについては、相手科目が入りましたが、
まだ相手科目が決まっていないものもあります。
これらをつぶしていきます。
続きを読む

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する方12~相手科目の設定③

次に貸方科目の設定をします。

これもVBAコードを追加して作りますが、追加するコードは次の通りです。
On Error Resume Next
Worksheets(“Sheet1”).Cells(a, 3).Value = WorksheetFunction.VLookup(Cells(a, 3).Value, Worksheets(“摘要”).Range(“科目コード”), 2, False)
On Error GoTo 0
続きを読む

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する11~相手科目の設定②

まとめた摘要の横に科目コードを打ち込みます。
2508021
そして上の図のようにセルを黄色にして、黄色いセルも含めて範囲指定をし、
名前を定義します。今回は科目コードと名付けます。
続きを読む

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する方法10~相手科目の設定①重複の削除

最初に摘要をまとめます。
2508011
お支払金額とお預り金額をコピーして、違うシート(摘要)に
張りつけ、データの並べ替えをします。
2508012
これで空白と金額のデータを削除し、テキスト文字のみにします。
2508013
これで見ると、同じ摘要が混ざっているので、これを削除します。
一つ一つ削除する方法もありますが、折角なのでまとめて削除します。
残った摘要を選択して、データタブの重複の削除をクリックします。
2508014
そのままOKを押すと、重複しているデータが削除されます。
2508015

重複の削除は大変便利な機能なので是非覚えて下さい。
このデータを基に科目の設定をしていきます。

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する方法⑧~入金取引と出金取引の判別

日付の処理の次は、入金取引と出金取引の区別です。

以前現金出納帳のときは、IF関数の使い方で解説しましたが、今回は金額だけでなく
テキスト文字もごちゃ混ぜで、しかも入金にも出金にもデータが入っていて、これでは
IF関数だけでは区別することができません。
1307301
続きを読む

ネットバンキングのデータを仕訳に変換する④~Right関数の使い方

次の日付の分解のしかたを解説します。

25-03-01

ハイフンが入っているため、この状態はテキスト形式で日付の形式
には変更できません。この場合も、セルの中身を分割してくっつける
必要があります。
続きを読む