テキストファイルのインポートの仕方

会計ソフトや販売管理ソフトからデータをエクスポートした場合、Excelの形式で払い出しできる
ものもあれば、テキスト形式の場合もあります。

Excel形式もしくはCSV形式であれば、コピー貼り付けで例えばデータを仕訳に変換するシートに
貼り付ければいいのですが、テキスト形式の場合はひと手間必要です。
今回はその方法を説明します。
続きを読む

ウインドウ枠の固定

折角、最終行に移動するマクロと日付順に並べ替えるマクロを作ったので、
マクロの登録をしましょう。

1行目を広げて、額縁を二つ用意してマクロを登録します。

しかしこのままだと行数が増えていった場合、マクロのボタンが隠れてしまいます。

そうならないようにウインドウ枠を固定します。

続きを読む

日付の並べ替え~その4 マクロのコード変更

最初に、一番下の行数を求める必要があります。
求め方は
Dim a As Integer
a = 3
Do Until Cells(a, 1).Value = “”
a = a + 1
Loop
a = a – 1
です。これはもう何度も出てきましたが、大変よく使うコードです。
最後のa=a-1は、aのままでは、一番最後の行が空白になってしまうので、
その一つ前に戻します。
続きを読む

クエリの設定②~クエリの種類

Accessをマスターする上でクエリで自由にデータを扱うことが
できるかどうかですべてが決まると言っても過言ではありません。

2507046
クエリには、
選択
更新
削除
集計
クロス集計
等々
ありますが、よく使うのは、選択、集計の二つで、クロス集計は時々
使います。
続きを読む

テーブルを作るときの基本的な考え方

著書では小口経費精算表を作るのに、6つのテーブルを用意しました。
(P20~22)参照

Accessを使っていて最初に悩むのが、どんなテーブルを作るのかという
ことだと思います。

そんなときは、アウトプットを先に考えます。
今回は、小口経費精算表が完成したとき、その表にはどんな情報が載っている
のかイメージします。

そこにはどんな情報が載っていますか?

続きを読む