クエリの設定②~クエリの種類

Accessをマスターする上でクエリで自由にデータを扱うことが
できるかどうかですべてが決まると言っても過言ではありません。

2507046
クエリには、
選択
更新
削除
集計
クロス集計
等々
ありますが、よく使うのは、選択、集計の二つで、クロス集計は時々
使います。
続きを読む

テーブルを作るときの基本的な考え方

著書では小口経費精算表を作るのに、6つのテーブルを用意しました。
(P20~22)参照

Accessを使っていて最初に悩むのが、どんなテーブルを作るのかという
ことだと思います。

そんなときは、アウトプットを先に考えます。
今回は、小口経費精算表が完成したとき、その表にはどんな情報が載っている
のかイメージします。

そこにはどんな情報が載っていますか?

続きを読む

日付の並べ替え~その1 範囲指定

前回一番下のセルまで移動させるマクロを作りましたが、次は
日付が前後した場合、ワンクリックで日付順に並べ替えるマクロを紹介します。

今までセルの指定の仕方は、Cells(1,5)といった指定の仕方でした。
この指定の仕方だと、一つのセルしか指定できません。

ある範囲のセルを指定したい場合、次のように記述します。

続きを読む

リレーションシップのまとめ

リレーションシップの3つの機能
①参照整合性
②連鎖更新
③連鎖削除 
について解説してきました。
最初のうちはあまり難しいことは考えず、参照整合性と連鎖更新
を設定しておけば間違いありません。

リレーションシップを設定することで、本来別々のテーブルが
キーとなるフィールド(今回の例では担当者CD)を通じて繋がります。

続きを読む

最下行への移動

行数が100、200となると次入力するところまで行を移動させる
必要が出ていきます。

かといって、シートを変えるのは後で会計ソフトにインポートさせる
ことを考えるとあまりお勧めできません。

今回は、ワンクリックで入力行まで移動するマクロを紹介します。

続きを読む